2017年10月10日火曜日

10.4宣言10周年記念行事に参加しました!


2007年10月4日、韓国の盧武鉉(노무현/ノ・ムヒョン)大統領と朝鮮民主主義人民共和国の金正日(김정일/キム・ジョンイル)国防委員長がピョンヤンで首脳会談を行い発表されたのが「남북관계 발전과 평화번영을 위한 선언(南北関係発展と平和繁栄に向けた宣言)」で、10.4宣言とも呼ばれます。ここで6.15南北共同宣言の精神をもとに、南北の和解と交流、平和と統一に向けて南北で実践していく内容が盛り込まれ、6.15共同宣言の時よりさらに南北関係を前進させていこうと確認しました。全文はこちら

それから10年経った今年、どうなったかというと、それ以降2代続いた韓国保守政権は6.15宣言と10.4宣言を反故にし、対北強行政策を続けていました。それも長くは続かず、朴槿恵政権は途中でキャンドル民衆によって倒れました。その後、民主政権が出帆しましたが、現在も対北制裁の輪に加わり、朝鮮半島では戦争危機が続いています。

こんな時だからこそ、10.4宣言10周年の今年、祖国の平和と統一を力強く求めていく必要があるというわけです。長々と書きましたが、基本的に10.4宣言の約束ごとをきちんとやっていれば10周年はお祝いのお酒が飲める楽しいイベントとなっていたはずなので、より一層保守政権の積弊精算をきちんと求めなければ、とも思います。

というわけで、10月7日(土)に東京都内で10.4宣言発表10周年記念行事を6.15青年学生協議会主催で行い、韓青東京も参加しましたので以下報告です。

挨拶する委員長
まず中央本部に集合し、10.4宣言10周年記念青年学生集会を行いました。今日の行事の意義や、現在の情勢なども踏まえながら、全員が一言ずつ意気込みを話しました。

6.15南側委青年学生本部代表団が韓青事務所を訪問
また、今回は韓国から6.15南側委青年学生本部代表団が参加するということで、その前に韓青事務所を訪問。8.15故国訪問団が今年8月14〜16日にかけて韓国で光復節の行事に参加しましたが、その成果が今回の南側代表団参加実現となりました。韓青代表団メンバーは8月以来、約2ヶ月ぶりの再会となりました。思ったよりも早く会えた感じです。

全員が自己紹介し、歓迎
自己紹介等しつつ、簡単に交流しました。

真ん中にある2コートが会場
続いて「10.4宣言発表10周年記念 祖国の平和と統一のための青年学生フットサル大会」の会場へと移動。今回行事の名前がいちいち長いですが、”10.4宣言発表10周年記念 祖国の平和と統一のための青年学生”までは大体一緒なので安心してほしい。そのあとにフットサルがつこうが何がつこうが関係ない。祖国は統一する。

フットサル大会開会式
フットサル大会では韓国からきた代表団も参加し、スポーツを通して交流できる企画です。他は6.15青年学生協議会の各団体という感じで、韓青チームも参加。ちなみにフットサルは韓国語で풋살(プッサル)。

主審のルール説明を聞く
5人VS5人の7分フルタイムというルールで行います。水色のTシャツで揃ってるのが韓青チーム。こう並ぶとそれっぽいな。

全員で攻めて全員で守るので走りっぱなし
そんなこんなでキックオフ。勝ったり負けたりですが、楽しく交流しました。大体2点くらい入れたり入れられたりという感じで、7分フルタイムにしてはめっちゃ点入ってるなという印象です。

全員笑顔
試合が終わればこの通り、握手でお互い讃え合い絆が芽生えます。この一瞬のために7分間走り回ったというものです。

新宿アルタ前で集会
その後、第2部として「10.4宣言発表10周年記念 祖国の平和と統一のための青年学生キャンドルパレード」が新宿で行われました。キャンドルパレード出発前に新宿・アルタ前で集会を行い、6.15委員会日本地域代表挨拶のほか、6.15青年学生協議会、そして韓国からきた6.15南側委青年学生本部からも挨拶があり、決議文を採択しキャンドルパレードへ。

キャンドルパレードでは各団台代表を先頭に
キャンドルパレードでは「米国は対北政策を転換し平和協定を締結しろ!」を横断幕にかかげ、「米国は朝鮮半島から出て行け!」「核侵略戦争演習をやめろ!」「制裁と対決をやめ、対話と協商を!」「トランプの前代未聞の妄言を糾弾する!」等をキャンドルを持ちながら大きく訴えました。

民族楽器の音が新宿に響く
最前列では6.15青年学生協議会から民族楽器隊が打楽器を鳴らして新宿の人々の注意をひきつけました。



学生協からは副会長が参加
東京の真ん中で緊張する朝鮮半島情勢の中、対決路線をやめ、対話への転換を求める在日同胞青年学生の声を広げることができました。

사월의 젊은 사자/4月の若き獅子たちを歌う
約1時間ほど新宿駅の周りをキャンドルパレードしたあと、交流会を行いました。ここでは6.15青年学生協議会の各団体、韓国6.15青年学生本部がそれぞれ挨拶を行いました。写真は韓青で挨拶後、ノレ(歌)を歌っているところ。

祖国統一へ!
ここで6.15共同宣言の精神の下、祖国の統一を目指す各団体が集い、祖国の平和と統一に向けて一歩一歩進めていくことを決意しました。これからの時代を第2の6.15時代とすべく、活動していこうという意志に満ちた場所となりました。

2017年8月8日火曜日

第51回韓青東日本夏期講習会【サマーキャンプ2017】に行ってきました

韓青では毎週水曜日のウリマル(韓国語)教室や不定期の学習会が普段やってる活動ですが、年に2回、夏と冬に地域合同で宿泊合宿とも言える講習会(キャンプ)を開催しています。
今年の夏は東京・愛知・三重の3本部合同で東日本地域サマーキャンプとして静岡県御前崎市に行ってきました。8月5〜6日(土・日)に海で遊んで花火大会にも行く!そんな第51回韓青全国統一・東日本夏期講習会【サマーキャンプ2017】を楽しんできたのでご紹介します。

2日間お世話になる旬彩
東京からも東海地域からもちょうど同じくらいの場所ってことで静岡になりましたがよく見ると東京のほうが少し遠いので当日朝6時に出発。駅には金曜の夜飲みすぎてそのままぶっ倒れてる人とかまだいる時間ですが、おかげで一番乗りで到着しました。
写真は「私の住んでるマンション」とかではなく、2日間使う宿「旬彩」です。海目の前。

さすがに慣れたもの
さて全員揃ったら開会式です。オープニングは司会兼ノレ(歌)指導が今回のキャンプの課題曲「바위처럼」を律動。統一マダン東京でもやったのでキレキレです。2日間通して、歌って踊れるようになろうというものです。
他、グループに分かれて行動するのでその班及び班長の紹介や実行委員長の挨拶等があり、サマーキャンプがスタートしました。

実物みて「なるほどね〜」ってなるタイプの料理
昼食はエビフライ丼という未知の食べ物。カツ丼のカツがエビフライになってると思えば良い。美味しいです。

めちゃくちゃ天気がよい
その後海へ。実は向かってる途中豪雨だったり、着いた瞬間普通に降ってたりしてマジかよ勘弁してくれという感じだったのですが、海へ出た瞬間ド快晴。日頃積んでる徳の差が出たというところでしょうか。さっきまで降っていたとはとても思えない。

なかなか届かない
海では班対抗でレクリエーションを行いました。ターゲットとなる紙を水鉄砲で撃って破くまでのタイムを競うというもの。水鉄砲に水を入れるところからスタートする、いわゆるル・マン式。ゲームでは中射程のスプラシューターですが、ぶっ壊れててボールドマーカー以下の射程しか出ず、ターゲットに当てるのに苦労しながらタイムを刻みました。

ぐるぐる回って走って戻ってくる
あとは定番のぐるぐるバットで走って

バランス力を求められる
スプーンの上のボールを落とさないように走って

2人の息が合わないと失敗する
2人でボールを落とさないように走るリレーをやりました。こちらは僅差でした。

民族的に生きるとは
たらふく遊んだあとは全体講演です。実行委員長自ら自分が在日としてどう生きてきたか、また韓青にどう参加してきたかを話しながら、祖国の分断と統一が在日同胞にとってどれだけ重要かを話されました。祖国の統一というものが、在日同胞青年一人ひとりに深く関係しているので、それに向かって日々活動する意味を熱く語っていました。質疑応答も出て盛り上がりました。
その後、班に分かれてディスカッションを行いました。写真無いけど。

流行りは電球ソーダ
夜は近くの海浜公園でやっている花火大会へ。人も屋台多くこれぞ夏!って感じです。

スターマインが最高
綺麗で迫力ある花火をただ無心で楽しむ。最高。エンターテイメントは強い。

心の声を表現してる様子
帰ったら班別討論をして寸劇発表です。班ごとにディスカッションした内容を劇で表現するという不思議な企画です。怪談発表会みたいな写真ですが、寸劇してます。

ショートコント
こっちは寸劇っぽいな。どっちかというとコントに近いけど。
どの班も面白く、みんなでゲラゲラ笑いました。

笑いすぎだろ
その後、夜最後は交流会を行いました。普通はお酒厳禁のキャンプですが、まぁ泥酔するような飲み方しないようにしておけばええやろという感じです。参加者全員で話せる企画として、みんなで盛り上がりました。途中からモノマネ選手権になったりしましたが。
また、寸劇審査発表およびMVPの発表も実行委員長からあり、賞品の豪華おつまみセットも追加され酒が進みました。
結局遅くまでわいわいやって、そのまま倒れるように就寝。

6.15時代をもう一度創るには
二日目は中央講演です。キャンドル革命後、民主政権へと政権交代を果たしましたが、今後朝鮮半島の統一に向けて、「第2の6.15時代」に向けて韓青としてどうしていくかを話されました。

東日本から参加する代表団
また、それと合わせて8月15日の光復節に韓青代表として国内の統一行事に参加する代表団の紹介し、意気込みを語ってもらって全員で送り出しを行いました。頑張ってきてください。

ナムルがちょうど合うこの感じ
最後は外で韓国料理バーベキューを行いました。サムギョプサルです。最高に美味しかったしこれ考えた人天才だなと思った。

そんなわけで在日同胞青年同士で1泊2日を過ごし、在日とは、民族とは、祖国とは・・・等など、いろいろな話をしながら、遊ぶところはしっかり遊んだサマーキャンプとなりました。

2017年5月30日火曜日

第24回統一マダン東京が開催されました!


5月28日(日)、日暮里駅前イベント広場で第24回統一マダン東京がありました。朝鮮半島の統一、民族の和解、平和なアジア、差別のない社会へという4つのテーマを掲げてはや24回、今年も無事開催されました。去年から6.15南北共同宣言に合わせて春開催となっており、今年も同様に5〜6月期に開催となりました。
少し前に大統領選挙があったので新たに誕生した民主政権、新大統領を歓迎する明るいムードの中行われました。

準備中
開始時間は16時からですが、設営や準備などもあるので朝から集合して準備します。日暮里駅前イベント広場で統一マダン東京を開催するのも回数こなしてるので慣れてきました。

跳んでるなぁ
とかなんとかやってると16時になり、始まります。オープニングは青年担当というわけで、今年も在日同胞青年団体で出演。韓青、朝青、留学同の3団体で바위처럼(パウィチョロム)の律動(ダンス)をやりました。

今年は司会が男女でバンザイだな
そして司会のコールと共に始まります。今回は留学同と韓青で司会をやりました。

板割りまくり
その後舞台ではテコンドーや

伝統舞踊
朝鮮舞踊、

朝鮮半島の歌
歌の出演などなど様々なパフォーマンスが続きました。

祭りといえばビール
出店の方ですが、韓青東京は例年通り生ビールブースです。一応駄菓子とジュースも置いていたので子供にも人気が・・・あったのかな。夏の入り口が見えているような天気なので、生ビールもよく売れました。強い。

当たったのは皆でいただこう
さてそんな中舞台プログラムも佳境というところで始まった統一マダン東京恒例のマダンくじでは、韓青で買っておいたくじが珍しく当たりました。そんなこともあるのか。

最後は朴保さんの歌で
最後はメインゲスト、朴保(パク・ポー)バンドのミニコンサートで〆。皆で舞台の前で踊り、歌い盛り上がりました。去年に引き続き天気もよく、東京のどまんなかで朝鮮半島の統一、民族の和解、平和なアジア、差別のない社会へというテーマを大きく主張しながら、楽しくお祭を開催することができました。6.15、10.4南北共同宣言に基づいた南北関係改善、祖国の平和と統一を求めます。

2017年5月10日水曜日

第19代韓国大統領選挙ライブビューイング

前回第19代韓国大統領選挙の在外選挙投票に行った記事を書きましたが、いよいよ5月9日(火)に大統領選挙が行われました。即日開票なのでこの日夜に韓青東京で集まって、インターネット中継を見ることしました。国内の情報をリアルタイムで見ることができるのはインターネット時代のおかげですね。

スクリーンも新調
20時まで投票だったので、それ以降で結果がわかるという感じです。出口調査もあるので、ざっくりとした結果は意外とすぐにわかります。雨もあり、投票率は約77%ほど。
中継をプロジェクターで映しながら、食べ物&飲み物を買い出しに行きました。

いつもより豪華に
たこ焼きやローストビーフを食べながら、お酒を飲みながら結果を見る。前々からの予想通り문재인(文在寅/ムン・ジェイン)候補が優勢です。

スマホインカメだと常に顔のアップで割りと地獄
また、この日は各本部でも同様に見ていたので、こちらもインターネットビデオ通話でつなげて思いを共有しました。インターネット最高。

勝利宣言
テレビ中継ではソウルでの特設ステージの様子や、地域ごとの票数などが流れ、大統領選挙が大きいイベントであることがわかります。
そしてそうこうしてるうちに22時、23時と開票率が上がっていく中、当選確実とニュースが流れ、더불어민주당(共に民主党)の문재인(文在寅/ムン・ジェイン)候補が勝利宣言、得票率41.1%で新大統領に当選しました。

2代続いた保守政権から政権交代が実現しました。昨年末から続いたキャンドルデモの、国民の要求を実現していく政治を期待します。在日韓国青年同盟公式リリースはこちら

2017年5月1日月曜日

第19代韓国大統領選挙&第24回統一マダン東京プレ企画

2017年4月25日〜30日の間、第19代韓国大統領選挙の在外投票がありました。本来年末ごろに大統領選挙の予定でしたが、このブログでもずっと紹介してきたとおり、韓国国内外を問わず朴槿恵退陣のキャンドルデモが続き、ついに大統領罷免となったため急遽この時期になったのでした。

そんな選挙ですが、在日同胞の私達も投票できるようになって、大統領選挙はこれで2回めです。前の選挙で選挙人登録をしていた人は特に何もすることなく手ぶらで投票所に行って投票できるようになりました。ちょっとコンビニ行ってくるみたいな感じで行けちゃう。

こんなわかりやすい看板があったのに迷った
さて、東京・関東地域では投票期間のうち28〜30日=金土日は領事館以外でも投票可能となっており、今回は近場の上野で行いました。20分くらい迷いましたが、なんとか到着。結構人が多く賑わっており、みんな思い思いの候補に投票しておりました。

みんな写真撮ってたので便乗
そんなわけで身分証を提示して投票する候補に印鑑押して封して箱に突っ込むと終了です。相変わらず瞬殺で、会場まで迷ってる時間のほうが長かった。
とはいえ無事投票することができました。結果がわかるのは国内投票日である5月9日(火)となります。

実行委員長挨拶
その後、5月28日(日)に日暮里駅前イベント広場で開催予定の第24回統一マダン東京のプレ企画がありました。
第1部として時局講演会「キャンドル革命と大統領選挙」があり、キャンドルデモから始まり大統領選挙の状況まで今の韓国の状況がわかる講演会を行いました。
第2部は統一マダン東京へ向けて、実行委員会に入っている各団体のアピールや統一マダン東京の案内などがあり、参加者全員で第24回統一マダンを成功させようと思いを共有しました。

リボンキャンペーン
また、国内の光化門広場に平和・統一のメッセージを書いて送ろう!というリボンキャンペーンがあったので参加者みんなでやりました。朝鮮半島の統一と平和なアジアがテーマの統一マダン東京ですから、熱い思いが集まりました。
大統領選挙も統一マダン東京プレ企画も、祖国の統一と東アジアの平和に関わる大事な時間を作ることができました。

そんな第24回統一マダン東京ですが、2017年5月28日(日)16時から、日暮里駅前イベント広場で開催いたします。ぜひご参加ください。
お問い合わせはこちら